より輝く人生を歩みたい女性に贈る自分磨き講座

自分磨きスクール101

海外旅行
若者の出逢いの場を探して「海外旅行ツアー
海外旅行のツアーなどを検索していると、時
Read more.
婚活
リアルな婚活は、写真からはじまる
婚活において「写真」の果たす役割は大変大
Read more.
婚活2
結婚に向いていない人たち
婚活セミナーなどで、カウンセリングを受け
Read more.

結婚に向いていない人たち

投稿日:2020年3月25日 更新日:

婚活セミナーなどで、カウンセリングを受けてみると、自分自身が明らかに「結婚」を諦めている実情を理解することができました。

実際に、もしかしたら私自身には、結婚自体が、向いていないのかもしれない。そう考えるようになりました。事実、現在のところ私自身、どうして結婚をしなければならないのか、というような考えが全くまとまりを見せません。自分自身の結婚観を整理しようと様々な書物を手に取ってみると、様々な時代の中では、おおいに政略結婚というような、利害を元にした婚活が行われていたようです。愛を持って結婚するなんてことは、もしかしたら「絵に描いた餅」であるのかもしれないなどと、感じるようにもなりました。

実際、人生のうちの何度かは、結婚したいというような感情は生まれてはきたのですが、実情、そう思えた相手との日常生活を共にする現実が、リアルには自分には描くことができませんでした。今でも彼らとのお付き合いは、友人として続いているので、今一度、振り出しに戻ってみようというような、感情に駆られることも正直なくはないのですが、何分、「結婚」に煮え切らない自分を見逃すことができず。勇気のある一歩が踏み出せていないという現状があります。

そんな思いから、婚活セミナーを先日、受講してみたのですが、思いの外、自分が結婚に対してドライであるということに気づかされました。私自身は、もしかしたら結婚に向いていないのかもしれません。そう思えたことだけで、も少し心が、軽くなりました。

周囲からの未婚の私への偏見は、おそらく今後も感じ続けるのかもしれませんが、婚活セミナーの先生のお話では、今後は、おそらく「結婚」という婚姻関係ではない、取れ以外でのパートナーシップとしての家族のあり方が、多様化することで、私のように「結婚に向いていない人たち」が、堂々とパートナーを得ていく時代になるかもしれませんよ。というアドバイスがありました。結構、私の想う、日本の未来は明るそうですね

管理人(キヨコ)

管理人(キヨコ)

<管理人(キヨコ)>

神戸在住の既婚OL。
自らも結婚相談所で結婚を決めた経験あり。

admin@socialschool101.com

免責事項

 

<免責事項>

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合でも、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトへと掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等がございます。

-婚活コラム記事

Copyright© 自分磨きスクール101 , 2020 All Rights Reserved.